FC2ブログ
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

eiko

Author:eiko

koberenovalife

2014年2月に神戸市北区でリノベーションした家に引越しました。
昔からインテリアが大好きでtapie style
, IKEAでの勤務を経て現在は小さい商社の貿易部門で働いています。
「理想の家で生活したい」という夢を夫婦で実現すべく奮闘中です。
毎日を楽しみながらゆっくりと手を入れて、家と共に成長していく事が理想です。
初めてのブログ、細くなが~~く続けていきたいと思います。

◇◆家族構成:私(35歳), 主人(32歳)◆◇

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

おすすめサイト

OMIYAGE
大阪にある雑貨屋オミヤゲ

G-FLAT
神戸、大阪を拠点にリノベーションの情報を発信するG-FLAT株式会社

重鎮と珍獣のあいだ
大学時代からの大親友のブログ。

cafe cafua
イベント等でお世話になっている、
生駒にあるcafe cafuaのブログ。

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- |スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産やさんの選択について・・・

2013.09.06 |物件購入
ここで、物件購入時に発生したちょっとしたトラブルについて。

中古物件は、まず売り主さんが不動産やさんを選んで売りに出す手続きをお願いします。
昔から馴染みのある会社だけにお願いする人もいれば、何軒かに鍵を渡してお願いされる人もいらっしゃるそうです。それぞれの不動産やさんは、その物件の情報をREINSという不動産の方しか閲覧できないシステムに一定期間内に登録する義務があるとのこと。
ここまでは初めて不動産やさんに行った時に説明を受けて理解していました。また、どの不動産の人も、どの物件でも扱えるということも・・。

お盆明けから急ピッチで物件探しをしていた私たちは、鍵を持っているのは売り主さんに直接依頼された不動産やさんだということで、購入手続きをお願いしたい不動産の方はもう決まっていたのですが、早く物件が見たい一心で、空いている日に今回購入を決めた物件の見学を予約してしまいました。

そこまでは良かったのですが・・・

「いざ購入!」となり、今の不動産担当の方に、鍵を持っている会社(私たちが見学で利用した会社)へ連絡して頂くと・・・。「なぜうちから買ってくれないのか!納得できない!」と担当者の方の上司からどうしてもOKが出ないという事態に陥ってしまったのです。
まさかこんなことになるとは思っていなかった私たち・・・。あせりました。そして激しく後悔しました。
「なぜ、あと数日物件の見学を待たなかったのか・・・」と。
数日待ちさえしていれば、今お願いしている不動産やさんと物件を見に行って、購入までスムーズにいけたはずなのに・・・。
私たちが今の不動産会社にこだわる理由は、やはり担当者の方です。とても経験豊富で、はじめから“1伝えたら10伝わる”という感じで話がとても早く、人間的にも「この人にお願いしたい!」と思える方だったからです。

結局その方の努力で、売り主さんが依頼されていた違う会社に連絡をつけて頂き、そこから購入できる事になり、一件落着しました。具合が悪い事に、元々見学で伺った不動産会社と今回の会社は会社同士の付き合いも密だったようで・・・。お手数をおかけしてしまいました。こういう事って意外と分からないものです。
物件購入の際には訪れる会社もきちんとしぼっていって、こういういざこざがないようにしたいものですね~~

勉強になりました。
スポンサーサイト

いよいよ物件契約の日。

2013.09.05 |物件購入
8月31日
何日か前から緊張していたのですが、今日はいよいよ売主の方と契約書を交わす日でした。
先週購入する意思を固めてからここまでがスピードすぎてびっくりですが、2人でいつもより綺麗な服を来て、ドキドキしながら不動産屋さんに向かいました。
「どんな人かなあ・・・、気難しい人じゃないかなぁ・・・」と不安いっぱいだったんですが、自己紹介してお話を伺っていると、人生を謳歌されている素敵な方で、もう60歳を超えてらっしゃいますが益々日々愉しまれているご様子でした。

ご自身でプランニングされた思い入れのあるおうちという事で、サンルームでご近所さんを呼んでパーティーをした話や家庭菜園をしていたお話などを聞きながら若かりし頃の売主さんの生活を思い浮かべて暖かい気持ちになりました。ご近所さんも良い方ばかりだという事で、全く知らない所に行くという心配もかなり解消することが出来ました。
普段接する事の出来ないような方のお話を色々お伺いできてとても楽しい貴重な時間になりました。

「お幸せに」
売主さんが最後に立ち去る時に言って下さった言葉を聞いて、じ~~~んとしてしまいました。
本当に私達の家になるんだなぁ、ここから新しい家族の物語が始まるんだなぁ(ちょっとくさいですが・・)、と感慨深い気持ちになりました。

そして・・・
想いに浸る間もなく午後からはイベントなのです・・・・!!

リノベーションという選択

2013.08.23 |物件購入
三宮をふらふら歩いていた時。
道端で気になる広告を発見。
それは神戸のリノベーション会社G-FLAT が開催する「リノベーション・セミナー」の案内でした。
テレビなどでリノベーションなどを見る度に、「わ~~、素敵だな~」とは思っていましたが
現実味がなく、「きっと難しいよね~」と話していて選択肢には入っていませんでした。
けれど、この広告を見たとき、何故か2人とも、ピン!!!ときたんです。
しかも開催日は明日!なにか運命的な感じがして、すぐに申し込めるか電話で確認してみました。
結果はOK。空きがあるとのこと。
わくわくしながら参加したセミナーで色々な施工例などを見て、リノベーションが一気に身近なものになりました。
そして私達は確信したのです。
私達の理想の生活を叶えるにはリノベーションしかない】と。

マンション、一軒家、どっち???

2013.08.23 |物件購入
住居を購入しようと思い立ってから、ここで迷う人は結構多いのではないでしょうか?
利便性、メンテナンス、資産価値・・・。色々な条件から選択していくんでしょうが、
私達夫婦も例に漏れずぐるぐる迷いました。

2012年初旬
まず訪れたのが、新築マンション。
苦楽園という、西宮の中でも芦屋と並ぶ素敵なエリアに建つマンションで環境としては申し分ないところです。
ただ・・・・・2人とも全くテンションが上がりませんでした。
「このテンション上がらない感は何なんだろうね?」
この時は深く考える事はなく、引き続き物件を探していく事に。

2012年下旬
甲南山手で建売の新築物件があるという事で見に行ってみました。
狭い敷地に建てられた3階建ての家。
全ての設備が素人目から見ても分かるほどのチープさ。お庭もありません。
ワンフロアの面積もとても狭くて、あまりにも想像する【一軒家】と違ってびっくりしました。

2013年春頃
次に訪れたの西宮浜近くに建つ大型マンションと甲陽園に建つ大型マンション。

BRANZ.jpg


設備は最新。使いやすい物があらかじめインストールされています。造りもしっかりしている。
わたしたちの反応は・・・・
今回でよくよく分かりました。わたしたちは、この普通の3LDKの便利な設備に全くときめかないっていう事が。
あらかじめ決められたものではだめなんですね。
あと、ここにして、2人の「いつか子育てをするなら一軒家がいい!」という気持ちがより一層強いものになり、
マンションはもう見ないことに決めました。

物件探しが少し前進しました。

住宅購入決定までの道のり。

2013.08.23 |物件購入
結婚してもうすぐ3年、生活も落ち着いた時、私達は理想の暮らしについてよく話をするようになりました。
少しずつ手を入れながらゆったり楽しんで生活していきたいと思い、住宅の購入を決意しました。

どんなおうちにするのか、まだぼんやりとしかイメージはありませんが、いい選択ができたらいいなと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。